しわやたるみをフェイスリフトで改善|失敗しないために施術を選ぶ

女の人

バランスを重視しよう

たるみを改善するフェイスリフトには様々なアプローチ法が存在しています。失敗を未然に防ぐためにはリスクの大小と効果、持続性のバランスを考え総合的に判断することが大切です。しかし患者さん自身で適切な判断をするのは難しいこともありますので、医師とよく相談しましょう。

医者

手術のリスクを考える

たるみをしっかりリフトアップする手術といえばフェイスリフトです。フェイスリフト手術は若返り効果が高い手術ですが、メスを入れる手術なので失敗するリスクもあります。手術をする前にリスクについて考えておくことが大切です。

相談

多くの種類や方法がある

フェイスリフトにはさまざまな種類がありますが、失敗を避けるためには切るリフトアップや、糸で吊り上げるリフトアップが良いと言えます。長く効果が続き、失敗を防ぐことができますので、費用がかかったとしてもこのような方法を選ぶべきでしょう。

引っ張る技術がある

看護師

方法で効果が異なる

多くの人は、年齢よりも若く見られたいと考えているでしょう。若いころは多少年上に診られた気持ちもあるでしょうが、20歳や30歳を過ぎれば若く見られた方がうれしく感じます。年相応、年齢より上に見られる場合は、顔などに変化が見られるようになります。顔に見られる変化として、しわ、たるみがあります。これは加齢によって生じるもので、誰でもそれなりにあります。その改善が期待できる美容手術にフェイスリフトがあります。糸などで引っ張り上げる技術ですが、少なからず失敗をすることがあるようです。手術の流れとしては、フェイスリフトでは糸でたるんだ部分を引き上げます。引っ張られれば自然にしわやたるみが無くなり、それによってふけてみられることが無くなります。失敗とされるのは、あまり効果が見られなかったり、すぐに元に戻る場合です。糸で引っ張っているので、糸が緩んできたり切れたりすれば元に戻ります。では、フェイスリフトを失敗市内で行う方法があるかです。一つには、糸にどんなものが使われているかです。各クリニックで使う糸は異なります。金で作られたものや、細い糸などがあります。ポイントとしては、切れにくかったり、伸縮性があることです。ただ引っ張り上げるだけだと、頭痛の原因にもなります。フェイスリフトで失敗しないためには、引き上げる箇所の工夫も必要です。一つに集中すると、頭痛の原因になる場合があります。それを避けるためにも、負担を減らす手術法を選ぶのが良いでしょう。