しわやたるみをフェイスリフトで改善|失敗しないために施術を選ぶ

バランスを重視しよう

女の人

フェイスリフトの施術の代表的なものとしては、たるみの深さに応じて皮膚や骨膜へとメスを入れる方法や、糸を使ってたるみを引き上げたり、引き締めたりする方法があります。フェイスリフトの施術を受けても期待した程の効果が得られなかったというような、所謂失敗だと患者さんが感じてしまうケースの多くは適切な方法を選択しなかった場合に発生すると言われています。施術後に失敗したと後悔しないためにも、それぞれの方法の特徴を知っておきましょう。まずは手術からご説明します。こちらは皮膚にメスを入れるため傷跡が残る場合があったり、腫れや痛み、生活上の注意点が発生するダウンタイムが長めであるという点に注意が必要ですが、その分術後の効果が長持ちしやすいという大きなメリットが存在します。このためたるみの状態が深刻であったり、一時的には皮膚の状態に注意しなければならない期間が生じても何度もフェイスリフトの施術を繰り返したくないという方におすすめです。一方の糸を使った方法についてですが、こちらは引き上げるか引き締めるかで使用する糸や効果の出方が変わってきます。前者は糸で物理的にたるみを上へと引っ張り上げる方法、後者は糸で皮膚組織を刺激することで反応を促し、健全な状態へと変化させる方法です。レーザー等と同じような施術に分類されます。リスクの少ない方法として選択されることが多い糸を使った施術ですが、手軽だという理由だけで選択してしまうと、失敗したと感じやすい傾向があるようです。特に後者に関しては小さなたるみには効果的ですが、大きなものへの持続性は発展途上です。深刻な悩みを抱えてフェイスリフトを実施する方は、医師とよく話し合った上で方法を選択することで失敗を未然に防ぐことができるでしょう。