しわやたるみをフェイスリフトで改善|失敗しないために施術を選ぶ

手術のリスクを考える

医者

手術後のリスク

どんな美容整形でもそうですが、フェイスリフト手術も手術である以上、少なからず失敗するリスクがあります。フェイスリフト手術は顔にメスを入れる美容整形なので、失敗したら大変です。失敗のリスクを回避するには、どんな失敗ケースがあるのかよく知っておくことが大切です。フェイスリフト手術では、目立たない部分にメスを入れてたるんでいる皮膚を取り除きます。切開したあとは縫合しますが、この縫合跡が残ることがあります。もともと耳の前や髪の生え際など、目立たない部分を切開するので、縫合跡が残ったとしても見た目には分からないです。しかし、フェイスリフトの名医が執刀すれば、よく見ないと分からないくらい綺麗に仕上がります。縫合跡を残したくないなら、名医がいるクリニックで手術をすることが大切です。多くの人がフェイスリフト手術の結果に満足しています。しかし、「フェイスリフトをしたのにほとんどリフトアップしなかった」「もとに戻ってしまった」という人もいます。フェイスリフト手術にもいくつかの方法があり、手術の仕方によっては、あまり効果がない人もいるようです。一番リフトアップ効果が高いのが、SMAS筋から引き上げるフェイスリフトです。表面の皮膚だけのリフトアップだと、元に戻りやすく切開する範囲も増えます。しかし、皮膚や脂肪の下にあるSMAS筋からリフトアップすると、効果が長持ちします。また、切開する範囲もわずかで傷跡も最小限で済みます。